真剣で稽古、真剣に…

香川居合道大会にて購入した真剣ですが、次の水曜日に送られてきました。(替鞘はもう少し時間が掛かるそうです)

真剣

早速、稽古に使用しております。

購入時に試し振りをして一番しっくり来た刀を選びはしたのですが、やはり実際に稽古に使うまでは本当にこんな重い刀をふれるのだろうかという一抹の不安を抱えておりました。

一般的には4寸で930gならごく当たり前の重量なのでしょうが、自分が現在使用している模擬刀は同寸で800g以下なのです。カタログ上では女性用とされている物ですね。

以前、右肘を痛めた時になるべく軽い刀という事でこの模擬刀を使用していたのですが、肘痛が治るのに数年かかったので、結局、軽い刀を使い続けていました。(肘痛も完治したわけではなく、まだ一寸痛いです)

で、実際に真剣を振った感想なのですが、軽い居合刀より振りやすい!

やはり、刀は「重さ」ではなく「バランス」なのでしょう。この刀の「バランス」が自分に合っているのだと思います。

上段からの振り始めも軽く感じるし、切り下して止める時もスッと止まります。軽い居合刀を振っている時よりも振りやすく、腕への負担が少ない様な気さえします。

ただ、3時間の稽古も後半になり疲れが出てくると、片手での血振りの時とかに刀の重さを感じてしまいます。

この刀を使いこなす為には、筋トレが必要かな?

コメント