2015年用の手帳

2015年ももう目の前ですね。

皆様、来年用の手帳の準備はお済でしょうか?

バイブルサイズのシステム手帳

大学を卒業して就職した頃からですので既に30年近くバイブルサイズのシステム手帳を愛用しております。

今のバインダーは3代目。10年ぐらい前でしょうか、ちょっと贅沢をして FILOFAX HAMPSTEAD を購入しました。

システムバインダー

実はこの数年、紙の手帳は使用しておりませんでした。

スケジュール管理もメモ書きもほぼパソコン管理になり、全てネットを通じてスマホでも確認できるので 手帳を持ち歩く必要が無くなっていたのです。

紙の手帳の復活

しかし、来年からシステム手帳を復活させます。

完全に紙の手帳に切り替えるわけでは無くてパソコンとの併用です。

私個人的にはデジタル上の管理だけで十分なのですが、社会的にそうもいかなくなりまして…、と言うと話が大げさなのですが、最近の個人情報漏洩事件を背景に携帯電話とかスマホの持ち込みを制限している場所が増えてきているのです。

仕事柄そういう場所に出向く事もあり、その場合、ちょっとしたスケジュールの確認をしようにもスマホを 出すわけにもいかず…。

ASHFORD【アシュフォード】

という訳で、来年用のスケジュール・リフィルを購入してきました。

見やすいので昔から使用している ASHFORD のリフィルです。

アシュフォード

今まではカレンダー・タイプの月刊スケジュールを使用していたのですが、今回は初めてバーティカル・タイプを購入。

扱いとしては、パソコンがメインでシステム手帳がサブ的な使い方になると思われるので メモ的な記入がしやすいバーティカルを選んでみました。

問題は…

問題点はスケジュールが二重管理になるので、予定の抜け落ちを如何に防ぐかという事になります。

こればっかりは細かく両方を確認して自分で気を付けるしかないですね。

スケジュールがちゃんと管理されているかチェックするための手帳も作ろうかな…。

コメント

  1. 榊原 より:

    来年用の手帳いただきました。

    20年以上前、勤めに行ってた頃は、シャープ製電子手帳ザウルスをつかってました。
    その頃は、たばこも吸ってましたし、携帯電話も大きく予備バッテリーや財布等の物入に何時も鞄を持ち歩いてましたから、大型の電子手帳でも嵩張る感もなく重宝してました。
    その後、大きな鞄を持ち歩くのが嫌になってきて、携帯電話の機能が充実してきた事で、予定は携帯のスケジュール機能で管理して、重要なことはメールで事務所のパソコンに送るようになりました。
    これは発信した携帯の方にも記録が残るので安心です。
    これに合わせて、普通?の手帳? 能率手帳?って言うのですかね、信用金庫から年末にいただく粗品を使ってます。
    これはどちらかと言うとメモとして使っている感じですね!

    • サイト管理者 より:

      ザウルス、懐かしいですね。自分も使ってました。
      シャープの電子手帳は3台位買い換えたかな。

      その後は、IBM の WorkPad C3 を使ってました。
      メモ書き用の電子手帳としては、これが一番使いやすかったと思います。

      しかし、最近は手帳やカレンダーをくれる会社が減りましたね。
      国際的な青いコンピュータ屋さんも去年から手帳くれなくなりました。
      (貰っても使って無かったけど…)