MacBook Air(late2010) のバッテリー交換

普段出先でブログ等を書く時は、AndroidのスマホにBluetoothの折り畳み式キーボードを接続して作業しているのですが、休日などは近所のスタバに愛用のMacBook Airを持ち込んでつらつらと駄文など書き綴ったりしております。

先日もスタバの表から見えるカウンター席でMacBook Airを開き、おすまし顔でキーボードを叩いておりました。

MacBook Airの良い所は、2010年の発売以来、大きなデザインの変更が無い所なのです。最近、2018年版の最新モデルが発売されたのでテレビでも頻繁にMacBook AirのCMが流されておりますが、傍から見れば私の2010年モデルのMacBook Airも最新のモデルも見分けが付かないので「あんな骨董品みたいな古いパソコンを使って…」とバカにされることも無いのです。

Mac使いにとって、旧式のApple製品を使う事は“悪”であり“負け”なのであります。

ただ、唯一の欠点は、私の使っている11incモデルはとっくの昔に廃止になっておりまして、現行は13incモデルしか無い事なのですが、マァ、そこら辺の素人にはそんな些細なサイズの違い等判りますまい。

素知らぬ顔で平静を装っておれば良いのです。三つ隣の席に座るMacBook Pro(15incモデル)使いの御人と目を合わせぬようにして…。

という事で、カウンターの隅でコソコソとキーボードを叩いておりましたが、何かおかしい…。

やたらとパソコンがガタガタするのです。スタバともあろう店がテーブルの建付けが悪いな、とか思っておりましたが、どうも違う。

MacBookAirの底面には4隅にゴムの足がついているのですが、よく見ると、そのゴム足よりも本体の真ん中辺りの方が先にテーブル面に接している。さらによく見るとキーボード面も何やら中央に向かって膨らんでいるような…。

バッテリー

スマホのバッテリーが膨らんで本体が壊れるというのは見た事がありましたが、パソコンでそんな現象が現れるとは思っておりませんでした。が、ネットで調べると結構あるみたいですね。

裏蓋を開けてみると写真の様にパンパンにバッテリーが膨らんで居りました。

MBAバッテリー交換_1

普段はMacBookAirの本体は棚に置いて外付けのディスプレーとキーボードで作業しているので、バッテリーがそんな状態になっているとは全く気付いていなかったのです。マァ、パソコンも8年も使用していたら何かありますわな。

MBAバッテリー交換_2

取り急ぎamazonでバッテリーを購入し、交換いたしました。
交換手順については詳しいページがありますのでそちらを参照

MBAバッテリー交換_3

約30分の格闘の末、無事元に戻ったMacBookAir。

MBAバッテリー交換_4

とりあえずこれで後2年は我慢使用し、愛機MacBook Air 11inc(late2010)と共に東京オリンピック2020及びMacBook Air購入10周年記念を華やかに迎える所存にございます。

(内蔵バッテリーは、モデル・年式によって細かく対応モデルが分れている様なので、購入の際はご注意ください。)

コメント