只管打斬 /// Shikan-tazan ///

居合道の在る日常。ひたすらに刀を振って無心の境地を目指す… つもりが気付けば雑念だらけの日々徒然です。

*

中2女子27人の前で、真剣使い居合見せた教諭

      2014/11/15

中2女子27人の前で、真剣使い居合見せた教諭
(2014年2月15日13時20分 読売新聞)

色々と考えさせられるニュースです。

「日本刀所持の許可を得ていた」っていうのは、誰に許可を得たんだろう? と、言う上げ足取りは置いておいて……。

一般の人から見た日本刀

この記事だけでは、どういったニュアンスで「危ない」という判断がなされたのか判らないので何とも言えないのですが、普段、日本刀など目にしない一般の人からみて「真剣」とは「ただ単純に怖い」ものという認識なのではないかと思います。

だって、人を切る以外に使い道のない道具なのですから……。
そんなものを人前で振り回したら「危ない」と思われるのも無理在りません。

判っている人にとっては、その歴史的価値・美術的価値に基づいて現代日本において日本刀を所持する理由を理解できますし、居合道家は、その理解の上に「伝統武芸」である居合の稽古に「真剣」を使用しています。

決して、人を切る為に「武器の使い方」の練習をしている訳では無いのですが、そこの説明が抜け落ちたまま刀を抜いてしまうと、今回のように「真剣=危ない」という、一般の人としてはごく当たり前の認識が現れてくるのではないかと思われます。

当たり前と思う前に

居合をやっていると、真剣が身近にあるのが当たり前になって特別な感情は薄れてくるのですが、そうでない人にとっては、真剣は存在するだけで怖さを感じさせる物である。

それを理解した上で日本刀を正しく取り扱い、さらには居合道の普及に努めたい。
そんなことを考える今日この頃です。

 - 居合道

ad336

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

鞘の修理依頼

今年の初め頃、稽古中に鞘を割ってしまった。 十本目「四方切り」で、右前の敵から左後ろの敵に向き直りながら刀を胸にとる動作 …

2014秋季居合道一般講習会

2014年10月18~19日にかけて、居合道一般講習会に参加してきました。 写真は休憩中のひとこま。

2016大和郡山居合道大会-2
第24回大和郡山お城祭り居合道大会

昨夜からの大風の中(明石には暴風警報が発令されていました)大和郡山居合道大会に参加してまいりました。 熊本大地震 数日前 …

2015春の審査会
2015春 居合道昇段審査会にて

居合道の昇段審査会を見学する。 試合とは異なる緊張感が場を支配する。 自分が受審する訳でも無いのに身体に力が入る。 「緊 …

第4回兵庫県居合道稽古会

今年最後の県の居合道稽古会が、王子スポーツセンターで行われたので参加してきました。 段毎に三つのグループに別れ、制定居合 …

箱根八段戦

今月の剣道誌は、毎年恒例の箱根八段戦の記事がありました。 優勝は、我が県の小野先生でした。 おめでとうございます。

制定居合と古流居合

本屋に立ち寄った所、居合関連の本が2冊出ていたので買ってきました。 「居合」と付けば中身を見ずに買う、ほぼコレクターと化 …

居合道昇段審査

先日、居合道の昇段審査がありまして、なんとか四段の審査に合格することができました。 これもひとえに諸先生方の御指導の賜物 …

2017選考会2
2017年度 全日本居合道大会 代表選考会

本年の全日本居合道大会の県代表選手選考会が明石中崎公会堂で開催されました。 先月の県大会上位入賞者による演武で厳正な審査 …

H26第一回 居合道一般稽古会

平成26年度、第一回目の一般稽古会に参加。 雨の中、熱心な大勢の剣士が参加していました。