第16回 神戸市剣道連盟居合道演武大会

2019_神戸演武会_2

今までは神戸市剣道連盟に所属する道場だけで行われていた演武会ですが、今年からは近隣地域の道場にも参加のお声掛けを頂いたようで、私も初参加させて頂きました。

場所は、何度か稽古会で伺ったことのあるたちばな研修センタ。楠公さんの近所という事で、会場入りする前にちょっと参拝してまいりました。

2019_神戸演武会_4

一本だけ早咲きの桜に花がついていました。

2019_神戸演武会_5

演武会は各段位毎に選考会方式で4~8名の選手を選考し、決勝は選考者によるトーナメントで行われました。

2019_神戸演武会_3

トーナメント後は七段、八段の先生方による模範演武があり、大いに勉強させて頂きました。

演武内容

で、肝心の自分の演武内容はと言うと…肝心な局面で納刀ミス。修行不足って事ですね。

思い返すと、緊張の一本目の血振りまでが何とか終わり、ちょっと安心して次の業の事を考えはじめてしまい、心に隙が出来て失敗した様な気がします。

禅の中に「即今・当処・自己」と言う言葉があるそうです。起こってもいない未来、どこか違う場所の出来事、他人の意識、等々に気を取られてはいけない、「今・ここ・自分」に意識を集中するという教えのようです。

この気構えが足りませんでした。

つくづく、居合の修行は心の修行だな、と感じます。

2019_神戸演武会_1

ともあれ、お世話になりました関係者の方々、御指導頂きました先生方、誠にありがとうございました。

次回も参加させて頂けますようお願い申し上げます。

コメント