伝達講習会&審判講習会

2013年9月23日(月・祝)に王子スポーツセンターで開催された伝達講習会&審判講習会に午後から参加してきました。

と言っても、この講習会の参加資格は居合道五段以上の者となっているので私には資格がないのですが、審判講習の模擬試合での演武要員として参加させて頂きました。

居合道審判講習会

例年であれば各大学の居合道部員の方が模擬試合のお手伝いをされているそうなのですが、今回、都合で学生さんの参加数が少ないので暇な人はお手伝いに行くように、と前日先生に言われましたので、私も忙しい中万障繰り合わせて、ウソです、スミマセン、とっても暇だったので、喜び勇んで出掛けました。

初めに八段の先生方から口頭での説明があり、その後、班に分かれて実際の試合形式に沿って、審判の実技講習がありました。

我々は実際に審判の前で演武を行う訳ですが、あくまでも審判の方の講習ですので、わざと所作を間違えたり、技間違えをしたり、中には審判を混乱させるべくとんでもない居合を抜いて審判員を混沌の渦に巻き込んだりと、楽しくも有意義な時間を過ごすことが出来ました。

勉強になります

実際問題として、この講習会に参加している五段以上の先生方は参加費を払って講習を受けられている訳ですが、模擬試合要員として参加すると、

  • ただで審判講習の講義が聞ける
  • 試合稽古ができる
  • 演武後、審判の着眼点に沿って、自分の演武の評価が聞ける
  • わざと変な事をして審判員を惑わせて楽しめる

と、良い事づくめなのです。

機会があれば是非、演武要員として参加することをお勧めします。勉強になるよ。

コメント