模擬刀

真剣の柄糸が切れた為、大和郡山居合道大会の時に濃州堂さんに修理に出したので、久しぶりに以前使用していた模擬刀を引っ張り出してきて使っています。

刀の重さ

模擬刀

この模擬刀、長さは修理に出している真剣と同じなのですが、重量が150g以上軽いのです。
以前、長い間右肘の痛みが抜けなかった為、肘への負担を減らそうと女性向けの一番軽い模擬刀を購入しました。

久しぶりに軽い刀を振ったのですが、何故かしら重い刀より肘への負担が大きい様な気がします。

重い刀は振ったとき刀の重みで勝手に手の内が締まり、振り切った時に素直に刀が止まるように感じるのですが、軽すぎる刀は自力で手の内を締める必要が有り、いつも以上に肩から肘、手首まで余計な力が入っているような気がします。

マァ、久しぶりに刀を変えたので重さの変化に慣れていないだけかも知れませんが、軽い刀を使って肘を壊すって言うのもアレなので、早く修理が終わって真剣が帰って来るのを待ってます。

コメント