地震と電車

2018年6月18日 7:58頃発生。

大阪地震20180619_1

この地震で被災されました方にお見舞いを申し上げます。

地震発生時

震源から離れていて震度4位の地域だったのですが、ちょうど通勤列車が駅を出て直ぐの時でした。

急ブレーキが掛かり「何事か?」と思った瞬間、あちこちのスマホで緊急地震速報のアラームが…。
おかげで直ぐに急停車の原因が分かり、とっさに身体を備えることが出来ました。

おそらく急ブレーキのタイミングと地震の揺れのタイミングが同じぐらいだった為か、地震の揺れはあまり感じませんでしたので、後からスマホの速報で大阪で大きな揺れがあったことが解りました。

運転見合わせ

安全確認の為運転見合わせを行うとの車内放送がありました。

これだけの大きな地震ですから停車が長引くのは覚悟しましたが、実際に徒歩による移動が始まるまで2時間程度の時間を要しました。

幸い乗車していたのが新快速だったのでトイレもあったのですが、8両に1つしか無いので最終的にはかなり長蛇の待ち行列となっていました。

隣の線路には同じように普通列車が止まっていたのですが、そちらにはトイレが無いので大変であったろうと思います。

徒歩で駅まで

緊急停止から2時間立った頃、回復の見込みが立たないからか駅まで徒歩による退避がアナウンスされました。

乗務員の方が列車内から手動でドアを開放し、外に梯子をかけて線路におります。

大阪地震20180619_2

乗っていた新快速と隣の普通列車の間を歩いて移動。この位置から見ると普段感じているより電車って大きんだなと思います。

ただ、ジャリの上は思ったより歩きにくく、特にハイヒールを履いた女性は大変だったでしょうね。

大阪地震20180619_3

普段は列車の中から見慣れた景色の中を歩いて行く。不謹慎な言い方かも知れませんが新鮮な体験でした。

大阪地震20180619_4

出発した駅に到着。幸い出発して直ぐでしたので500m位歩いた程度だったでしょうか。歩き疲れるほどの距離ではありませんでした。

大阪地震20180619_5

駅ではJRの社員さんから飲み物の差し入れを頂きました。「ご迷惑をおかけしました」と声をかけて頂きましたがとんでもない。

自然災害相手に、乗客の安全を確保するため無事に電車を止めて、歩いている線路上でも要所要所に人を配置し案内をしてくれて、車両の安全を確認するためか多くの人が線路上を走り回っていました。

無事に帰ることが出来たのも、多くの方の努力があっての事と感謝しています。

お気を付けて

まだ余震がありそうな発表もされています。

暫くの間電車に乗る時は、飲み物とカロリーメイトの様な行動食を持っておいたほうが吉かも知れません。

皆様も身の回りに十分御注意下さい。

コメント