書籍「初心者からの居合道 新陰流」

居合の精進の為には他流の研究も必要である。

DSCF0083_JPG

もちろん、表紙の女子の笑顔に惹かれて購入したのではない、決して……ない。


なぜ、巻頭に若林豪氏のインタビュー?こういう技術書においては、巻末に付録としてこのようなインタビュー形式の記事があることが多いのではなかろうか。

でも、この本は技術書と言うよりは、タイトルが示す通り居合に興味を持った人が「居合ってどんなことをやるのだろう」と言う興味にこたえる様な体裁だから、アイキャッチとしては良いのかもね。

しかし、こちらの道場は若くてかわいい門弟さんが多いですね。うちの道場なんてゴニョゴニョ…。あ、ウソです、冗談です、ゴメンナサイ、ぶたないで…。

さあ、皆でなかよく居合しよう!!

コメント

  1. 榊原 より:

    若林豪さん牧師さんみたいw
    女性の笑顔といい、武道武術系の著書の雰囲気ではないですね
    若林さん居合されているのですかーー?

    • サイト管理者 より:

      榊原さん

      確かに装丁とか雰囲気がチョットちがいますよね。
      若林さん、読んだ限りではこちらの門下では無いような…。ネットで見ても特に剣術の修行歴も無いようだし。
      著者の先生と個人的な知り合いなんですかね?